DESUTRUCTION
TOP REVIEW一覧に戻る


後に復活する事になるシュミーア脱退前の最後の作品

LIVE WITHOUT SENSE
DESTRUCTION/LIVE WITHOUT SENSE 1989年リリースのDESTRUCTIONのライブアルバムです。87、88年に行われたライブの模様を収めた初のライブ盤です。
尚、本作のリリースを最後に中心人物であるシュミーアが脱退してます。まあ、後に復活するわけですが(笑)。
ちょっと古い作品で、しかもライブ物という事で、ショボイサウンドという事も覚悟してたわけですが、聴いた瞬間ぶったまげました!!生々しいギターの音は凄まじいものがあります。研ぎ澄まされた切れ味というか。スラッシュメタルの理想系がそこにはあります。
DESTRUCTIONファンは勿論のこと、スラッシュメタル好きの人なら是非聴いてみてください。間違いなく気に入るんじゃないでしょうか。これを聴いて駄目なら、スラッシュ聴かない方がいいと思います。って思っちゃう位オススメです。
あと、選曲ですが、まずまずだと思います。要所は占めてるな、って感じです。まあ、あの曲が入ってないな〜、とか思うところはありますが(笑)。私的にはDEATH TRAPが入ってないのが特に残念でしたね。まあ、1曲目にスラッシャー悶絶間違い無しのCURSE THE GODSが入ってるので、掴みはバッチシですが。代表作でもあるMAD BUTCHERとかもあるので、楽しめると思います。
スラッシュ好きならこのサウンドを体感しておく事を激しく勧めます。ジャケットは・・・ですが(笑)。あと、私の経験から、寝る前に聴くと興奮して眠れなくなるので注意が必要です。
#01. CURSE THE GODS
#02. UNCONSCIOUS RUINS
#03. TRASH ATTACK
#04. INVINCIBLE FORCE
#05. DISSATISFIED EXISTENCE
#06. REJECT EMOTIONS
#07. ETERNAL BAN
#08. MAD BUTCHER
#09. PINK PANTHER/LIFE WITHOUT SENSE
#10. IN THE MOOD/RELEASE FROM AGONY
#11. BESTIAL INVASION

LIVE WITHOUT SENSEを買う
90Metal


関連レビュー

SENTENCE OF DEATH/INFERNAL OVERKILL/DESTRUCTION
CRACKED BRAIN/DESTRUCTION

METAL REVIEW/DESTRUCTION/LIVE WITHOUT SENSE

[PR]動画